○人間ドック利用料補助金交付要綱

昭和62年2月25日

告示第4号

(目的)

第1 村民の疾病の早期発見につとめ、健康増進に資するため、人間ドック利用料(健康診断のための入院費、診察料及び諸検査費に限る。以下「利用料」という。)に対し、予算の範囲内で、九戸村補助金交付規則(昭和35年九戸村規則第2号)及びこの要綱により補助金を交付する。

(補助金の交付の対象及び補助額)

第2 当該年度内に40歳以上になる者が人間ドックを利用したときは、当該利用者に対し、利用料の2分の1額を交付する。ただし、その額が1万7千円を超えるときは1万7千円とする。

2 当該年度内に56歳になる者が人間ドックを利用したときは、当該利用者に対し、利用料の全額を交付する。

(補助金の交付)

第3 この補助金の交付を受けようとする者は、人間ドック利用料補助金交付申請書及び交付請求書(別紙様式)を利用日の属する年度内に提出しなければならない。

2 村長は、前項の規定による書類を受理した場合は、当該書類を審査し適当と認めたときは補助金を交付する。

様式 略

人間ドック利用料補助金交付要綱

昭和62年2月25日 告示第4号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章
沿革情報
昭和62年2月25日 告示第4号
平成29年4月1日 告示第30号