○九戸村村営住宅入居者選考委員会条例

昭和37年9月27日

条例第16号

(目的)

第1条 この条例は、九戸村村営住宅条例(平成9年九戸村条例第3号)第7条第3項の規定に基づき、九戸村村営住宅入居者選考委員会(以下「委員会」という。)について必要な事項を定めることを目的とする。

(所掌)

第2条 委員会は、村長の求めに応じて、村営住宅入居申込者の実態を調査し、入居の適否について答申する。

(組織及び委員)

第3条 委員会は、委員10人をもって組織し、次の各号に掲げる者について、村長が委嘱する。

(1) 村議会が推せんする議員 5人

(2) 民生委員協議会が推せんする民生委員 5人

2 委員の任期は、2年とする。ただし、議員又は民生委員の任期を超えることができない。

(委員長及び副委員長)

第4条 委員会に、委員長及び副委員長各1人を置く。

2 委員長及び副委員長は、委員の互選によって定める。

3 委員長は、会務を総理し、会議の議長となる。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるとき、又は委員長が欠けたとき、その職務を代理する。

(会議)

第5条 委員会は、村長が招集する。

2 委員会は、委員の半数以上の出席がなければ会議を開くことができない。

3 議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

(補則)

第6条 この条例に定めるものを除く外、委員会の運営に関し必要な事項は、村長が定める。

附 則

1 この条例は、昭和37年10月1日から施行する。

附 則(昭和43年条例第12号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成2年条例第8号)

この条例は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成13年条例第9号)

この条例は、公布の日から施行する。

九戸村村営住宅入居者選考委員会条例

昭和37年9月27日 条例第16号

(平成13年3月13日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 村営住宅
沿革情報
昭和37年9月27日 条例第16号
昭和43年2月26日 条例第12号
平成2年3月12日 条例第8号
平成13年3月13日 条例第9号