○九戸村青少年問題協議会規程

昭和48年8月1日

訓令第5号

(目的)

第1条 この規程は、九戸村青少年問題協議会設置条例(昭和35年九戸村条例第4号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき、九戸村青少年問題協議会(以下「協議会」という。)の運営に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(幹事)

第2条 協議会に幹事若干名を置く。

2 幹事は、関係行政機関の職員及び学識経験者のうちから村長が任命又は委嘱する。

第3条 幹事は、幹事会を組織する。

2 幹事会は、協議会が幹事会の決定に委ねた事項並びに協議会に提出する議案その他必要な事項を協議する。

3 幹事会に幹事長1人を置く。

4 幹事長は、幹事会の議長となる。ただし、幹事長事故あるときは、幹事長があらかじめ指名した幹事がこれを代理する。

(会議の招集)

第4条 幹事会は会長が必要に応じて招集する。

(補則)

第5条 この規程に定めるものを除くほか、幹事並びに幹事会に必要な事項は、会長が定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

九戸村青少年問題協議会規程

昭和48年8月1日 訓令第5号

(昭和48年8月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和48年8月1日 訓令第5号