○さわやかハッピーファミリー祝金条例

平成3年3月15日

条例第1号

(目的)

第1条 この条例は、出産者及び婚姻者に対し、祝金を贈ることにより、新生児のすこやかな成長と若者等住民の定住を促進し、もって活力ある村づくりに寄与することを目的とする。

(受給資格)

第2条 この条例により出産祝金を受給できる者は、次の各号に該当する者とする。

(1) 第3子以上を出産した者

(2) 出産日1年前から九戸村に住所を有し、かつ、居住している者(住所を有し、かつ、居住している期間が1年未満である者が、出産日以後1年以上九戸村に居住することを確約した場合を含む。)

2 この条例により結婚祝金を受給できる者は、次の各号に該当する者とする。

(1) 九戸村に住所を有し、かつ、居住している者(婚姻後1年以内に九戸村に住所を移し、かつ、居住する予定の者を含む。)で婚姻した者

(2) 九戸村に婚姻後1年以上居住することを確約した者

(祝金の種類及び額)

第3条 祝金の種類及び額は次のとおりとする。

(1) 出産祝金 第3子以降の出生児1人につき5万円

(2) 結婚祝金 1組5万円

(給付申請)

第4条 祝金の給付を受けようとする者は、出産日又は婚姻した日から1月以内に申請書を村長に提出するものとする。

(給付の決定)

第5条 村長は、前条の規定に基づく申請があった場合は、申請内容を審査し、給付の適否を決定し、その旨申請者に通知するとともに、祝金を給付することを適当と認めた場合は、第3条に定める額の祝金を給付するものとする。

2 祝金の給付を受けようとする者が前条の規定による申請書を提出するまでの間に次の各号に該当するときは、祝金の受給資格を失う。

(1) 出産児が死亡した場合

(2) その他村長が適当でないと認めた場合

(祝金の返還)

第6条 村長は、虚偽の申請その他不正行為があったと認めた場合は、祝金の給付を受けた者に対し祝金の返還を命ずることができる。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この条例は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成13年条例第7号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

さわやかハッピーファミリー祝金条例

平成3年3月15日 条例第1号

(平成13年3月13日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成3年3月15日 条例第1号
平成13年3月13日 条例第7号