○一般職の職員の特殊勤務手当に関する規則

昭和32年4月1日

規則第1号

(この規則の目的)

第1条 この規則は、一般職の職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和32年九戸村条例第3号。以下「条例」という。)の規則に基き、職員の特殊勤務手当に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(税務手当)

第2条 条例第3条第2項に規定する手当の額は、勤務1月につき給料月額の100分の4の額に勤務率を乗じて得た額とする。ただし、その額が2,000円を超えるときは2,000円とする。

2 前項に規定する勤務率は、次の各号に掲げる率とする。

(1) 月の従事日数が15日以上の場合 100分の100

(2) 月の従事日数が15日未満の場合 100分の50

(防疫作業手当)

第3条 条例第4条第2項に規定する手当の額は、作業に従事した1日につき200円とする。

(用地買収交渉手当)

第4条 条例第8条第2項に規定する手当の額は、業務に従事した日1日につき150円とする。

第5条 削除

(手当の支給方法)

第6条 特殊勤務手当の支給方法は、給料の支給方法に準ずるものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和32年度分から適用する。

附 則(昭和38年規則第6号)

この規則は、昭和38年4月1日から施行する。

附 則(昭和40年規則第4号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和40年4月1日から適用する。

附 則(昭和49年規則第23号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和49年4月1日から適用する。

附 則(昭和58年規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和58年1月1日から適用する。

附 則(平成16年規則第4号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

一般職の職員の特殊勤務手当に関する規則

昭和32年4月1日 規則第1号

(平成16年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当等
沿革情報
昭和32年4月1日 規則第1号
昭和38年4月1日 規則第6号
昭和40年3月16日 規則第4号
昭和49年12月12日 規則第23号
昭和58年1月4日 規則第1号
平成16年3月25日 規則第4号