« オドデ塾夏祭り盆踊り大会の開催について | メイン | 出会い・人・むらづくり講演会の開催について »

水稲のいもち・カメムシ防除について

二戸管内の水稲に、いもち病の発生が見られます。 圃場を見回り、いもち病が発生している場合には、直ちに薬剤散布を行いましょう。 また、斑点米カメムシの発生も昨年同様、多数確認されています。 例年カメムシ被害が見られる場所や周辺に発生源となる雑草が多い場所では、薬剤散布を行いましょう。 防除時期は、穂ぞろい1週間後を目安に行い、発生が多い場所では穂ぞろい2週間後に2回目の散布を行うのが効果的です。 良質なお米を生産するため、病害虫防除に努めましょう。

About

2012年08月03日 08:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「オドデ塾夏祭り盆踊り大会の開催について」です。

次の投稿は「出会い・人・むらづくり講演会の開催について」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35