HOME九戸ブランド歴史・文化瀬月内(せつきない)神楽

瀬月内(せつきない)神楽

瀬月内

1873年、明治6年に舞い手の一人が江刺家神楽に弟子入りしたことにはじまります。一人前の神楽人になり、瀬月内の人々に伝えました。活動は活発な時期も衰退の時期もありながらも、とだえることなく続いてきました。8月18日に例祭と3年に1回の例大祭で、8月16日から18日には神明宮の奉納舞として祭典を盛り上げています。瀬月内自治会員宅を巡り家内安全・無病息災・悪魔祓い等の祈祷をする『門打ち』を行っています。

カテゴリー

ページのトップへ戻る