千本松

千本松

幹囲2メートル、樹高26メートル、枝張11メートルの巨木の松の木。地上2メートルくらいから束が広がるように多数の枝に分かれる姿がほうきのように見えることから、別名「ほうき松」とも呼ばれています。秋になり周囲の広葉樹が色づくと、色鮮やかな紅葉に囲まれ緑の美しさが際立ちます。九戸村の天然記念物に指定されています。

カテゴリー

ページのトップへ戻る