九戸村の概要

北上山系の最北端、岩手県の北部に位置する九戸村は、人口約6,500人、面積は134平方キロ、面積の70%以上が山林原野で占められ、 岩手県立自然公園折爪岳を抱えた、季節の移り変わりの美しい自然豊かなふるさとです。 かつて戦国時代最後の戦いとして豊臣秀吉と戦った戦国の英傑、九戸政實公ゆかりの九戸神社や首塚などの史跡も数多く残されています。 ナイター設備のある村営くのへスキー場は、ファミリースキー場として、近隣市町村はもとより県外(主に八戸市)からも多くのスキーヤーが訪れ、にぎわいを見せております。

 

キャッチフレーズ : 花と緑が織りなす安らぎの里
●位 置 : 東経:141°22′~141°30′北緯: 40°6′~ 40°17′
●人 口 : 5,861人(平成27年10月国勢調査 速報集計値)
●面 積 : 134.02平方キロメートル