子育て

 健診・予防接種

●母子健康手帳の交付
 妊娠したら早めに妊娠の届出をしましょう。母子健康手帳が交付されます。これは、母と子の健康を記録するものです。
 医師の診断を受け、印鑑、保険証、配偶者の口座番号(郵便局以外)の分かる物が必要です。
【届出先】九戸村保健センター TEL:42-2111(内線122)

●母と子の健康診査
健康診査 内容 通知方法 場所
妊婦・乳児一般健康診査 委託している医療機関で、健康診査を受けるための受診票を発行しています 妊娠届け出時及び出生時に発行します 保健センター
妊婦歯科検診 妊娠届け出時に発行します
乳幼児健康診査(1歳までに4回) 乳児期の健康診査及び保健・栄養指導を行っています 郵送にて個人通知します
1歳6ヶ月健康診査 健康診査・歯科検診及び保健・栄養指導を行います 郵送にて個人通知します
2歳児健康診査
3歳児健康診査
母親歯科検診 歯科検診及び保健指導 1歳6ヶ月時健康診査、2歳児健康診査、3歳児健康診査対象児の母親

●母と子の健康相談・健康教育
健康相談
・健康教育
内容 通知方法
 及び場所
問い合わせ
母子相談 妊婦、乳児一般健康診査の受診票の交付及び保健指導を行います 随時
保健センター
保健センター
妊産婦新生児家庭訪問 妊産婦新生児(生後1ヶ月以内)を対象に保健師が家庭訪問をします 随時
家庭訪問 乳幼児を対象に家庭訪問をします
キッズママサークル 2歳児対象親子遊びの教室 対象者に郵送通知します
保健センター
ぽっかぽか教室 親子遊び、課題遊び
子育て相談 子育ての悩み、子育て全般について保健師が相談を行います 随時
保健センター

   
●予防接種
 こどもの健康を守るため、さまざまな予防接種を行っております。現在、予防接種を受けることは義務ではなく、希望する方々に対して行われるようになっています。それぞれ適した年齢がありますので、その年齢にあわせてなるべく早い時期で、お子さんが健康なときに受けられるようお勧めいたします。
 予防接種のお知らせは、個人通知や広報でお知らせしております。
種類 対象年齢 接種日 接種回数 接種場所
結核(BCG) 生後5月~8月未満 7か月児健診時 1回 医療機関
四種混合(ジフテリア・百日ぜき・破傷風・ポリオ) 生後3月~7歳6か月未満 随時 1期初回3回
1期追加1回
医療機関
Hib(ヒブ) 生後2月~5歳未満 随時 1期初回3回
1期追加1回
医療機関
肺炎球菌 生後2月~5歳未満 随時 1期初回3回
1期追加1回
医療機関
水痘 1歳~3歳未満 随時 2回 医療機関
麻しん風しん 1歳・就学前 5~6月頃 1期(1歳)1回
2期(就学前)1回
九戸地域診療センター
日本脳炎 3歳~ 5~8月頃 1期初回2回
1期追加1回
2期1回
保健センター
二種混合 小学6年生 5~8月頃 1回 保健センター
B型肝炎(平成28年10月~) 生後2月~1歳未満 随時 3回 医療機関


 医療費助成制度
●九戸村医療費助成制度
 村では、乳幼児や妊産婦、重度心身障害者、ひとり親家族、老人、小中学生に対して、医療費の一部負担金を助成しています。対象者や給付方法は次のとおりとなっていますので、お知らせします。
 助成の内容は、下表の岩手県医療費助成制度の対象者のほか、所得の制限を越えて対象外となった人や小中高校生等(6~18歳の方)、寡婦及び老人に対し、九戸村単独補助として医療費を助成しています。
岩手県医療費助成制度の概要
対象別 事業の概要 所得制限
乳幼児 就学前(出生の日から6歳に達する日以後の最初の3月31日までの人) 児童扶養手当に準ずる
妊産婦 妊娠5ヶ月の初日から出産の翌月の末日までの人
重度心身障害者 1.身体障害者手帳の1級、2級の人
2.特別児童扶養手当の1級の人
3.障害基礎年金1級の人
4.療育手帳Aの人
特別児童扶養手当等の所得制限限度額+35万円
ひとり親家族 1.配偶者のない女子で18歳未満の児童を扶養する人及びその人の扶養を受けている18歳未満の児童
2.父母のいない18歳未満の児童
※18歳未満の児童(18歳に達する年度の3月末までの人)
児童扶養手当に準ずる
【給付の方法】
 医療機関の窓口で患者がいったん医療費の一部負担金を支払った後、申請により給付を受けられます(償還払い)。

【申請の方法】
 村から交付された医療費受給者証及び医療費助成給付申請書を医療機関へ提出して申請します。

(注) 上記の医療費助成制度で所得制限によって対象とならない方は、村単独の医療費助成制度で助成対象となります。
 
九戸村単独医療費補助の概要
給付の対象者 事業の概要 給付の範囲 所得制限
小学生 6歳に達する日以後最初の4月1日から12歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある児童 すべての医療機関 なし
中学生 12歳に達する日以後最初の4月1日から15歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある生徒 すべての医療機関
高校生等 15歳に達する日以後最初の4月1日から18歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある生徒 ・すべての医療機関
寡婦(配偶者のない女子で、かつて配偶者のない女子として児童を扶養していたことのある人) 寡婦となった日の属する月の初日から70歳に達する月の末日までの間にある人 ・外来は村内医療機関を受診した場合
・入院はすべての医療機関
老人 68歳、69歳と、73、74歳の方で窓口負担が2割で後期高齢者医療保険制度に加入していない人 ・外来は村内医療機関を受診した場合
・入院はすべての医療機関
上記県助成事業で対象外となった人 所得制限により県事業から除かれる人 ・すべての医療機関

【給付の方法】
 医療機関の窓口で患者がいったん医療費の一部負担金を支払った後、申請により給付を受けられます(償還払い)。
【申請の方法】
 →医療費(一部負担金)の領収書、健康保険証、金融機関の口座番号(村内の金融機関で保護者名義のもの)を持参のうえ、役場住民生活課窓口で所定の用紙に必要事項を記入して申請します。


 保育
   
●保育園・・・住民生活課地域福祉班 TEL 42-2111 内線202
 保護者が仕事などにより、昼間児童の保育ができないときに、下記の保育園で保育します。保育料は各家庭の課税状況等に応じて決定されます。通常保育以外に地域の児童福祉の強化を図るために、延長保育、一時保育、障害児保育などの特別保育を行っていますので、住民生活課や各園にお尋ねください。
保育園一覧
保育園名 所在地 電話番号 特別保育実施の有無
延長保育 一時保育 障害児保育
戸田保育園 戸田13-69-1 0195-43-2315
伊保内保育園 伊保内2-61-1 0195-42-2208
ひめほたるこども園 長興時14-33-3 0195-41-1300
   
保育料
階層区分 各月初日の在籍児童の属する
世帯の階層区分
保険料(月額:円)
3歳未満児 3歳以上児
A 生活保護法による被保護世帯
(単給世帯を含む)
0 0
B 村民税非課税世帯 1,250 1,000
C 所得割課税額48,600円未満 2,500 2,000
D1 所得割課税額77,101円未満 5,000 3,500
D2 所得割課税額169,000円未満 7,500 5,000
D3 所得割課税額169,000円以上 10,000 6,500

※均等割のみの課税者はC階層に含まれます。
※ひとり親世帯等については、B階層0円、C階層は1,000円軽減されます。
※年収約360万円未満相当のひとり親世帯等について、上記に加え、第1子の保育料を半額、第2子以降の保育料を無償とします。
※村独自の軽減策として、第3子が生まれた月から、第1子目から保育料を無料とします。
●放課後児童クラブ・・・住民生活課地域福祉班 TEL 42-2111 内線202
 学童保育は、小学生の児童を対象に放課後の留守家庭の児童たちの生活を守り、健全育成を図るための場所です。子どもたちは、指導員のもとで放課後遊んだり、勉強したりして過ごします。入所を希望する方は、役場住民生活課又は村社会福祉協議会(TEL 41-1200)にお申込みください。
名称 開設場所 所在地 定員
九戸村学童クラブ 伊保内小学校(空き教室) 伊保内7-10-1 50人

【問い合わせ先】住民生活課 保健衛生班・国保住民班・地域福祉班