学ぶ

【社会教育課】
■社会教育
全ての人々が人生の各段階で、学ばなければならないことや、学びたいことを、学びたいときに自らに適した方法で学び、その成果が適切に評価され、社会に還元される「生涯学習社会の構築」が求められています。

このようなことから、本村の社会教育は九戸村教育基本方針に基づき、多様な学習機会の提供とともに、様々な方法での広報活動を通じて、生涯学習に対する村民の理解と意欲の高揚に努めながら、生涯にわたる自主的な学習活動や自らの意思に基づく社会教育活動を奨励いたします。

■生涯にわたる社会教育活動の充実

●家庭教育の充実
家庭の教育力を高め、心豊かで心身ともにたくましい子どもを育てるため、本年度も村内全ての小・中学校に家庭教育学級を開設し、子供の発育段階に応じた学習資料を提供しながら、自主的な活動を奨励します。
また、教育委員会においても独自の学級(幼児を持つ親の学級)を開設するなど、学習機会を提供するとともに、家庭、学校、地域の連携を深め、地域ぐるみで子供を育てる環境づくりを推進します。

●各時期における社会教育活動の充実
(1)青少年の健全育成
青少年の健全な育成は、いつの時代も社会の大きな責務の一つです。このため、社会教育も青少年の健全育成を念頭においた事業の推進に努めるとともに、青少年育成村民会議の活動の活性化を図りながら、青少年健全育成の環境づくりに努めます。また、村内各地域における自治会組織と子ども会育成会との連携を推進することにより、地域社会の教育力を高めるように努めます。

(2)幼児教育
幼児教育は、村長部局をはじめ、幼稚園、保育園等と連携を深めながら、幼児をもつ親の学級の開設など、多様な学習機会や学習教材を通じて、親子のふれあいを深めながら、家庭の教育力の充実に努めます。

(3)青少年教育
少年教育は、子ども会の自主的な活動を指導援助するとともに、2002年の学校週5日制完全実施を意識しながら、自然や文化、歴史などの体験活動を通じて、郷土への理解と仲間づくりを進め、たくましい九戸っ子を育てます。
また、青年教育については、青年団体の自主的な活動を助長するとともに、青年を各種の研修会に派遣しリーダーの養成を図ります。

(4)成人教育
成人教育は、村民の学習要求を的確に把握しながら、公民館学級を中心とした多様な学習機会を提供するとともに、学習サークルの設立や活動を支援します。また、教育振興運動並びにPTAの自主的な活動を奨励するとともに、会員を各種の研修会に派遣し、リーダーの養成を図ります。

(5)婦人教育
婦人教育は、身近な生活に役立つ学習を基本に、村内女性の交流を広げるため、本年度も女性教室を開設します。また、地域婦人団体の自主的な活動を奨励するとともに、各種研修会に婦人を派遣しリーダーの養成を図ります。

(6)高齢者教育
高齢者教育は、高齢者が楽しみながら学習を続け、自らの生活を豊かなものにするため、本年度も生涯学習アカデミーを開設します。また、高齢者の自主的な活動を援助するとともに、指導者として活用するなど高齢者の社会参加を促します。

■家族ふれあいの日の定着

本村では、毎月第3日曜日を「九戸村家族ふれあいの日」と定め、親子のふれあいを推進してきました。今後も、行政をはじめ各種団体や企業のご協力をいただきながら、できるだけ事業や行事を行わない日として、家族のふれあいを奨励します。

■文化・文化財教育
文化行政は、生活に潤いと充実感をもたらす文化活動の一層の振興を目標に、優れた芸術の鑑賞の機会を提供するとともに、文化団体の自主的な活動を援助しながら、活動の成果を発表する機会を拡充します。また、貴重な文化遺産を保護保存し後世に伝えるため、文化財の調査と適正な管理に努めるとともに、郷土芸能保存団体の活動への支援や民俗資料の収集に努めます。

■文化の振興
●鑑賞の機会の提供
優れた芸術及び文化活動の鑑賞の機会を提供します
(1)青少年劇場
(2)岩手芸術祭巡回美術展
(3)県、他市町村の文化公演などの情報提供

●発表の機会の拡充
村民の自主的な文化活動を奨励するため、発表の機会を拡充します
(1)九戸村産業芸術文化祭り
(2)各種団体の自主的な発表会等の援助

●文化団体の育成
住民の日常的な文化活動を奨励し、文化協会やグループ・サークルの活動を支援します
(1)文化協会活動への支援
(2)文化活動サークルの結成の援助及び講師派遣

■文化財の保護
●文化財保護の充実
(1)埋蔵文化財やして文化財の適正な管理
(2)黒山の昔穴の整備と国指定文化財の指定に向けた取り組み
(3)民俗芸能伝承活動の支援と発表の機会の拡充

●文化財の活用推進
(1)文化財マップ作成に向けた遺跡詳細分布調査
(2)発掘調査説明会や遺跡見学会の開催
(3)歴史民族資料館の整備に向けた調査、検討

●村史の編集・発刊
(1)村史発刊のための、資料収集

■社会体育
社会体育は、全ての村民が生涯にわたり明るく豊かな人生を送るために、もっとも大切な健康を維持増進するため、「村民1人1つのスポーツを」をスローガンに掲げ、個人個人の日常的なスポーツ活動を奨励するとともに、学校、体育団体、地域の連携を深めながら、毎日の生活に楽しみを生み出すレク的スポーツの推進を図ります。
また、各競技団体の自主的な活動の助長や指導者の育成、各種大会の開催や派遣を通して競技力の向上を図ります。
■推進体制の充実
●推進体制の充実
学校、体育団体、地域の連携を深め生涯スポーツ推進体制の整備と充実を図ります

(1)体育指導委員活動の活性化を図りながら生涯スポーツ推進組織を育成します。
(2)学校、地域、各種体育団体、企業との協力体制を確立します。

●指導者の養成
競技力の向上、軽スポーツ及びレク的スポーツを普及するため指導者を養成

(1)指導者に各種研修を受講させ指導技術の向上と指導体制の確立に努めます。
(2)スポーツリーダーの活用を図ります。

●体育団体の育成
(1)体育協会への助成
(2)スポーツ少年団、種目別協会、地区振興会活動の奨励及びスポーツクラブの育成を図ります。
■実践活動の促進

●競技力の向上
各種大会の開催や大会への選手派遣とともに、学校体育、社会体育の連携を深めながら、競技力の向上に努めます。

(1)村民体育大会、はまなすカップ総合体育大会など各種大会を開催します。
(2)県民体育大会など対外的な大会への参加を奨励するとともに派遣費を援助します。

●スポ・レクの普及
生活に楽しみを生み出すスポーツ活動の推進のため、各種スポーツ大会やスポーツ教室を開催するとともに、誰でも楽しめるニュースポーツの導入・普及に努めます。

(1)軽スポーツ、レジャー的スポーツの教室と大会の開催を図ります。
(2)地域及び団体、企業での軽スポーツ活動を奨励するとともに、必要に応じて指導者を派遣します。

●体力つくり運動の推進
「村民1人1つのスポーツを」をスローガンに、日常的な活動を奨励し、スポーツの生活化を図ります。


●健康安全の推進
村長部局と協力し、日常的な運動と健康の関わりを学習しながら、健康づくりのためのスポーツ活動を推進します。また、救急法やスポーツ安全思想の高揚とともに、万一の事故に備えたスポーツ傷害保険の普及に努めます。

(1)保健推進員(体力つくり推進協議会)との連携を図ります。
(2)村長部局、関係団体と協力しながら、スポーツ健康講座や救急法等の講習会を開催します。
(3)スポーツ傷害保険の普及に努めます。


お問合せ先
九戸村 教育委員会
TEL0195-42-2111(代) FAX0195-41-1010